和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

鳩居堂にて書の個展みる。

欧陽詢 九成宮醴泉銘
欧陽詢 九成宮醴泉銘

鳩居堂の3階、4階を使った中国の書家熊蜂氏の作品展である。臨書を3階、創作を4階で展示していたが、臨書は王羲之の蘭亭序、喪乱帖、平安帖、王庭経。欧陽詢の九成宮醴泉銘、虞世南の孔子廟堂碑、褚遂良の鴈塔聖経序と唐の三大家の作品を並べ、張猛龍碑、隷書の名品である礼器碑、曹全碑も並べている。その意気や良し。
完成度も高いが一品、一品丁寧に見ていくと曹全碑ののびやかな流麗さはみられず、九成宮の紙の下の机を切り裂くような鋭さに欠け、張猛龍の力強さも今一であり全体として、古典の形だけを模したようにみえ、力強さ、鋭さ、早さに乏しいと思えるのである。入場者の中に作品購入の希望者が居り、「遣唐使」行書(52x80)の未装作品であったがあまりの高額さに仰天した。予想金額の十倍だった。 ちなみに人間国宝の音丸耕堂氏の色紙水彩画の4倍の価格だったのである。