和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

慶悟君の ピアノ発表会

ひたちなか市に住む長女京子の次男慶悟の始めてのピアノ発表会が「ひたちなか文化会館小ホール」であった。

曲は「インディアンのダンス」と「宇宙探検」。今年小学一年生、去年の5月から習いはじめたとのことだが間違いもまずまず無く、曲の感じをよく掴んでいて、リズム感もタッチもしっかりしている。ピアノでは先輩の高校一年のお兄ちゃんからはっぱをかけられたらしい。揚がらないおまじないも伝授されたかな。

 

午後は合唱の発表「南の島のハメハメハ大王」と「崖の上のポニョ」ちょっと元気がなかったな。清水美和子先生の歌も素晴らしかった。次回の発表会も楽しみにしている。頑張ってね。

初舞台とは思えない堂々の演奏
初舞台とは思えない堂々の演奏
演奏が終わって丁寧なお辞儀
演奏が終わって丁寧なお辞儀

目線を上にあがらない作戦?
目線を上にあがらない作戦?
三男舜人君はカラオケが大好き
三男舜人君はカラオケが大好き

清水美和子先生歌も素敵
清水美和子先生歌も素敵
上手に弾けたとお母さんから労いの言葉
上手に弾けたとお母さんから労いの言葉

発表会終了皆さんよくできました
発表会終了皆さんよくできました