和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

平家物語 巻第6 書き終わる

概 要

後白河法王の北の方となった清盛の妹滋子は法王の寵愛を受け皇子出産、即位して高倉天皇となる。これに清盛の娘徳子が入内、皇子言仁出産、安徳天皇となり清盛は外の地位を確保するが滋子の死によって法王と清盛の仲は冷え始める。
信濃では木曽義仲が挙兵、翌年高倉帝、次いで清盛死去勢力が弱まりつつあった平家伊勢平氏とは別に独自の力を扶植していた桓武平氏に義仲討伐を期待するが信濃に於いて桓武平氏は義仲と戦って敗れる。