和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

平家物語 巻第5 巻子仕上がる

概要

園城寺、南都の衆徒が以仁王の乱に協力・決起したのに驚いた平家は京都を脱出し福原遷都を図るが、清盛は寺院を敵に廻し、東国や北陸の源氏台頭にも危機感を抱き、幽閉中の後白河院のこともあり遷都を断念し、南都の焼き討ち等武力弾圧に打って出る。
伊勢では流人の源頼朝が兵を挙げ、東国武士結束の柱となっていく。行動の正当性を主張するべく以仁王の令旨を受け公権力を図り御家人を統括する軍事組織を整え小幕府を開くに至る。