和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

LAだより ロスアンゼルスで池坊花展 華老 新橋和子さん

LA日米文化開会にて華展 新橋和子さん 
LA日米文化開会にて華展 新橋和子さん 

ロサンゼルス在住のMiko Yoshiyamaさんから久々LA便りが届いた。

まさに花便り 遠くロスアンゼルスで頑張っていらっしゃる新橋和子さんに熱いエールを

送らせていただきます。 Mikoさんお便り有難うございます。

 以下 Mikoさんのメール  

池の坊の華老 新橋和子さんの華展がロサンゼルスの日米文化会館内 George J Doizaki Galleryにて6月1日と6月2日の両日開催され大勢の人が訪れました.
500余年の歴史を歩み続け世界最大の会員数を誇る池の坊の最高職位である華臈職の中でも最高の華老を海外で初めて下賜された2010年はロサンゼルス支部創設50周年の時のこと。彼女に会う度にその佇まいと笑顔が年々穏やかに美しくなっている事に気付いたその時はちょっとした衝撃と感動とを感じました.
自分の人生で魂をこめて向き合えるものに出逢った人は強くて美しいナと思う.ということは....東京の和田先生ご夫妻も美男美女と言えますね?.


”いつのまにか生徒さんもひ孫の時代がやってきました”と和子さんは微笑む. 

LA 日米文化会館 中央が新橋和子さんの作品
LA 日米文化会館 中央が新橋和子さんの作品