和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

個展 三日目 晴天なり

三日目にしてやっと雨が上がった。雨、晴天に拘らず鳩居堂の店頭は混んでいる。

外国からのお客さんも多い。その為個展会場も覗いてくれる。徒然草、倭漢朗詠集の巻子に驚嘆して帰られる。

今日の受付は佐藤さんとわざわざ新潟から応援に駆けつけてくれた長谷部さん、遠いところ有難うございます。再来年の個展にも受付を応援してくださるとのこと。


本日の受付右佐藤さんと長谷部さん
本日の受付右佐藤さんと長谷部さん
鳩居堂画廊ポスター
鳩居堂画廊ポスター

HPデザイナー伊藤さん来月出産予定
HPデザイナー伊藤さん来月出産予定
4階の受付係の方々硯の見学
4階の受付係の方々硯の見学

映画の窓より抜粋ファイル
映画の窓より抜粋ファイル
佐藤さん中央と小幡さん左
佐藤さん中央と小幡さん左

ファイル映画の窓より 道
ファイル映画の窓より 道
「道」 解説とスケッチ画
「道」 解説とスケッチ画

USAテネシーからの観光のお客さん
USAテネシーからの観光のお客さん
日本橋の竹骨董店の花筥さん
日本橋の竹骨董店の花筥さん