和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

茶飯釜いただく

呈されたもの

(吸出)香の物  (向付)鯛莫大、葉三つ葉 (汁)山芋桜、若布、白仕立て味噌 

(碗)真丈、人参、しいたけ、竹の子 (焼き物)よもぎ麩、豆腐、八丁味噌添え

(肴)姫みつば、ジャコ  (香の物)きゅうり、すぐき葉 

(主菓子)春の野 とらや  (干菓子) 利休ふのやき 和三盆

(濃茶) 青雲 一保堂  (薄茶)清風の白 松風園

(酒)亀の翁 大吟譲

 

個展の搬入を翌日に控えてまことに優雅な一日であった。 時間 12:00~14:30

焼き物
焼き物
ご飯と汁
ご飯と汁

炉に掛けられた茶飯釜
炉に掛けられた茶飯釜
ご飯の後のお濃茶
ご飯の後のお濃茶

尺八の花入れ 山吹と椿(月の輪)
尺八の花入れ 山吹と椿(月の輪)