和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

柴又の「寅さん記念館」と「山田洋次ミュ-ジアムを見る

柴又の「寅さん記念館」と「山田洋次ミュージアム」をみる

山田洋次ミュージアムが出来て初めて見学した。
「フィルムメーカー山田洋次もう一つの世界」
「デビューから男はつらいよ誕生まで」
「家族とは」
「シンボルオブジェフィルムよさらば」
「立ちどまり振り返る」等、11テーマに分けて展示しており、それぞれの部分ごとにビデオが設置されて山田洋次ファンにはたまらない仕掛けとなっている。
「寅さん記念館」は従来と展示は一新し、映画で使われた店をそのまま設置し、タコ社長の印刷工場も展示されている。一つ一つ見ていくとついつい時間が経ってしまう。なかなか充実した構成となっていておもしろい。啖呵売の場面を楽しめて大画面で放映している。