和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

北千住の成田屋へ

成田屋は昭和元年創業の老舗の酒店である。ここに通うのは東京中に極めて数少ないと思われる広島の「本州一」(梅田酒造)が置いてある為に他ならない。蔵元に問い合わせると成田屋のみ紹介される。「本州一」は広島の酒の中でも王道をゆくが如き今日流行の吟醸香を重視した上に精米率を上げて奇麗な味を求める方向とは異なる力強いコクのある酒造りが特徴であり、最高級の純米大吟譲から本醸造までなべてしっかりとした造りを貫いている。他の店に置いてない以上、成田屋に定期的に通わざるを得ないのである。他に「本州一」にいた杜氏さん(土居さん)が移った先の旭鳳も置いてある。成田屋までの途中に加藤いり豆店があり30年以上前は主人が店頭で豆を煎っていたがここでいつもの豆を買う。又大橋眼科が古い建物でいまで営業している。

いり豆の加藤商店
いり豆の加藤商店
大橋眼科
大橋眼科