和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2021年鳩居堂の個展(2021年3月30日~4月4日予定)は延期となりました。新たな開催予定が決まりましたら

本ページにてお知らせ致します。

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

京都行き(12月8日)

京都東山区の「思文閣」の交換会に顔を出し2点入札。その後

①下鴨神社研修道場にて鴨長明「方丈記」をみる。

下鴨神社境内は京都最後の紅葉見物の場所ではないか(勿論今年の)

②賀茂御祖神社神服殿にて式年遷宮資料展及びスタジオジブリが描く乱世「定家と長明」展を見る(原作堀田善衛)300点に及ぶ美術スケッチによる作品展示。近く映画化の予定もあるそうだ。