和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

「格子なき牢獄」 

コリンヌ・リシュール
コリンヌ・リシュール

1938年 仏 レオニード・モギー監督(ロシア生まれのフランス人)
 女性感化院の物語で、ヒューマニズムに溢れた若い院長が古い規則を廃し、格子を取り払い新しい施設をつくろうとする。その中に手のつけられない不良少女がおり、院長はその少女にやさしく接し純真さを取り戻す。施設内の医者が恋人であるが仕事に熱中するあまり次第に疎遠となり彼は施設を去る。院長は彼をあきらめ、少女を施設から解放する。
何といっても少女役のコリンヌ・リシュールでありこの一作でスターとなったが右翼に属する著名であった父ジャーナリストジョン・リシュールと共にドイツ軍に協力、ナチス占領司令官オットー・アベッツの情婦となった為に戦後戦犯として10年の刑を受け29歳で獄死している。人民戦線時代の余韻を残すヒューマニズムが多くの人々の共感を呼び起こした。