和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

ロス アンジェルス 便り Ⅱ~Moon Viewing and Sake~

8月にブログで紹介した、LA在住のMikoYoshiyamaさんから日米文化会館で催された能の夕べについて便りが届きました。

(下記、MikoYoshiyamaさんからの原文を引用。)

 

十三夜の昨夜日米文化会館(Japanese American cultural & Community Center ) の日本庭園にて能の夕べが催されましたよ...初秋の夕べにふさわしく少し肌寒い感じでしたが樽酒が来訪者皆に振る舞われ、月と松と能がとても自然にマッチしていて感動の舞台でした。
日本から今朝着いたばかりでアメリカは初めてという(Motonori  Umewaka, Kenji Sakai, Tomoyasu Takenaka) のお三方でした。
衣装をつけられたのは 井筒だけでしたが何はともあれ幻想的で素晴らしい夜でした。