和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2021年鳩居堂の個展(2021年3月30日~4月4日予定)は延期となりました。新たな開催予定が決まりましたら

本ページにてお知らせ致します。

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

「酒場をめざして」 大川 渉 筑摩書房

この本に通底しているのは場末と江戸の名残を求めているところである。
酒場毎にその成り立ちや肴の特徴を詳細に語っている。日本酒の銘柄にも目を配りきちんと論評している。また酒場の主人のこだわりや思い入れもしっかり取材して、それぞれの特徴も明らかにしている。酒場のほかにもその町の佇まいや商店、寺などにも目を配って、踏み込んだ取材をしており、町あるきの楽しさも味あわせてくれるところである。