和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

「陽のあたる場所」ジョージ役モンゴメリー・クリフト

モンゴメリー・クリフト
モンゴメリー・クリフト

[陽のあたる場所」 1951(米)ジョージ・スティ-ブンス監督
ジョージ役 モンゴメリー・クリフト(18歳頃描いた鉛筆画))
アンジェラ役 エリザベス・テイラー

 

セオドラ・ドライザー原作「アメリカの悲劇」。2度目の映画化。反米映画と解釈されるのを恐れた映画会社によって「陽のあたる場所」と題名を変更された。反共の嵐が吹き荒れていた為である。青年の成功と挫折という社会派映画をメロドラマ風にしたもの。ラストシーンは電気椅子で処刑場面が予定されていたがモンゴメリー・クリフトと監督の意見が対立。彼はこれを拒否したためこの場面は撮ることはなかった。この当時のモンゴメリー・クリフトは若者の持っている説明のつかない不安感・焦燥感を実に巧みに演じており、マーロンブ・ランドと並んで若手の双璧であった。