和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

中村真一郎 頼山陽とその時代 その2

頼山陽は家庭の内に女中から昇格させた妻があったが家の外に江馬細香という女流詩人の恋人があり、この2人の関係は公然たるもので、山陽の妾ではなく、独立した一個人として生きていた。当時彼らの関係を非難したものは彼等の社会のなかにはいなかった。

 

 当時は清朝の袁随園の唱える性霊派の詩風が日本の文壇でも流行し、多くの日本の漢詩人たちがその詩風に転じたのである。日常生活の小さな平和と老年のささやかなノスタルジーを書き、細部の繊細なレアリズムをうたい、鋭い感覚的表現を行った。六如上人、菅茶山、市河寛斉、柏木如亭、大窪誌佛等感覚的洗練のすぐれた作品を多く残しているが、これも時代の変化を敏感に反映していると言えるだろう。

 

 中村真一郎はこれら頼山陽と同時代の江戸の漢詩人の作品を数多く取り上げて論評を加えているが、彼が漢籍に造詣が深かったればこそであり、今後の作家がこうした史伝を書くことはそうした点からもなかなか困難となるのではなかろうか。