和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2021年鳩居堂の個展(2021年3月30日~4月4日予定)は延期となりました。新たな開催予定が決まりましたら

本ページにてお知らせ致します。

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

徒然草について

兼好法師は百年以上前に生じた平安朝の文明を幻想の中で追い求めることによって生きた過去主義者だった。
平安朝の文明の特徴の一つである「色好み」という精神的価値は兼好法師の時代になってその退廃の度はピークに達して、その色好みの内容は例えば昔あこがれていた女を思って歩いた道が今荒れていて、そうした所を散策するのが色好みの陶酔境であるというようになり、女と一緒に暮らしている生活を見るのは猥褻であり、育児に専念している女性などみっともないと軽蔑する。
 妻というものは男子の持つものではないとなる。こうした考えは「とりかえばや物語」によって洗練された華やかだった王朝文明は最後を迎えるのである。