和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2021年鳩居堂の個展(2021年3月30日~4月4日予定)は延期となりました。新たな開催予定が決まりましたら

本ページにてお知らせ致します。

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

源氏物語アーサー・ウェイリー訳を読了する

ウェイリーは終盤宇治十帖になって、その能力を遺憾なく発揮し、登場人物をそれぞれ魅力的に表現することに成功した。特に「総角」のような特異な人物、中ば神経症的な潔癖症の人物を現代風に実に巧みに書き出している。
この小説のクライマックスは「浮舟」が「薫」と「匂」の間で次第に窮地に追い込まれ入水するところは熱が入って惹きこまれるし、男の酷薄な性分をも見極めているところがすごい。ウェイリーは宇治十帖を翻訳をしたときはさだめし快哉を叫んでいたことであろう。