和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

近代彫刻の巨匠「平櫛田中とかつしか」展を見る

葛飾区制施行80周年記念企画展(於葛飾区郷土と天文の博物館)展示期間5月26日~6月17日。平櫛田中(ひらくしでんちゅう)(明治5年1872ー昭和54年1979、107歳没)昭和14年(1939)葛飾区本田宝木塚町にアトリエを構え多くの名作を生み出した。

 

彫刻24点他26点展示されている。
 なかでも岡倉天心の3点は素晴らしい。
それにつけても葛飾に在住し、代表作「鏡獅子」もここで制作したにも関わらず
唯の一点も葛飾区では所有していないことに驚く。大半は100歳近くに転居した
小平の田中美術館から借りてきたものが12点、芸大から6点、他6点である。
葛飾区は美術館も所有せず当然学芸員も居ない区行政が借りるためにを各所訪問したが、何を借りるのかも定かには判らずに苦労したことであろう。


平櫛田中展チラシ
平櫛田中展みる