和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

二人の杜氏の酒を飲む

二人の杜氏の酒
(左)ハーパー杜氏 (右)土井亨杜氏

フィリップ・ハーパー氏の酒
英国人杜氏フィリップ・ハーパー氏の仕込んだ、京都府京丹後の木下酒造「純米大吟醸玉龍」(山廃)玉川仕込山田錦100%、精米率50%を飲む。ハーパー氏は米、米麹、水だけを原料として乳酸も酵母も添加しない酒造りを行った。酵母について生存競争を勝ち抜いた微生物を高く評価しているが、飲んだ味わいは大雑把な酒、日本酒とは云い難いような不思議な酒であった。
 
土居亨杜氏の新たな酒
「本洲一」の梅田酒造場の土居亨杜氏が今期から旭鳳酒造㈱に移って
始めての酒「旭鳳純にして醇」(純米酒)、米は八反錦100%を飲む。
八反錦使用を考慮して、予想通りの造りであった。