和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

ネットで中村真一郎著「頼山陽とその時代」購入

著者は戦後直ぐにプルーストの影響を色濃く示している「死の影の下に」で小説家としての方向を明解にして、その集大成として「四季」を書くが評論の分野で特にその才能を遺憾なく発揮し、平野謙と並んで私の最も愛読している作家である。
 
「頼山陽とその時代」は「蠣崎破響の生涯」「木村蒹霞堂のサロン」と並んで史伝三部作とも云うべきもので、小説家としての実力をよく表わし、森鴎外の史伝3部作「渋江抽斎」「伊沢蘭軒」「北条霞亭」と比すべき作品と思う。二作が実に面白かったので読むのが楽しみである。