和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

濃茶紙に金泥で書く風姿花伝書写完了

巻子の長さは10メートル


佛画に使用する紙について
様々な紙を使用してきたが、この15年は愛知県の小原紙を使っている。

小原紙は愛知県西加茂郡小原村で作られており小原村周辺で紙漉きが始められたのは明和5年(1496年)に僧柏庭がこの地がコウゾの育成に適していることに着目し栽培と紙漉きを奨励したことによると伝えられている。昭和7年工芸家藤井達吉が小原村を訪問し紙漉きに工芸の大切さを説き小原の紙漉きが工芸の道を歩み始めるきっかけをつくった。現在小原紙には大別して
  イ.竹簀で漉くコウゾを原料とした紙
  ロ.金網で漉く紙 
  ハ.小原工芸紙

の三種類がある。(1996年発行全国すき紙連合会発行「和紙の手帖」抜粋)
を私の使用しているのはAで厚口の緻密で張りのある丈夫な紙で独特の風合いがあるものであり、この紙に出会ったのは誠に幸運と云う他なく、出会わなければ今日まで佛画を書き続けてはいなかったかも知れないと思っている。