和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

芳澤ガーデンギャラリーにて福田千恵展をみる

市川市の芳澤ガーデンギャラリーにて日本芸術院会員で
葛飾区在住の福田千恵(センケイ)展をみる。
若い頃から現在に至る人物画を主に花等約30点の力作揃いであった。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    竹之内睦子 (金曜日, 02 11月 2012 17:12)

    葛飾区に嫁ぎ20年です。葛飾出身の各界でご活躍の方々を嬉しく思いながらおりました。広報で区政施行80周年に日本画家の福田千惠氏が名誉区民顕彰を送られたことを知り、そのような方がいたと初めて知りWebで調べていましたらこのページにであいました。私は20年国際協力のボランティアをしてきて日本民族は世界の母と感じます。“大和”和を重んじ多くの人達を繋ぐことのできる国民性はそれに通ずると。日本画や書も奥深い心情文化を感じます。

  • #2

    福田千惠 (土曜日, 10 5月 2014 17:03)

    吉澤ガーデンにお越し下さりありがとうございます初めてタブレットで読まさせて頂き嬉しく存す。何しろアナログ人間でガラケイだけ。今、母の介護と制作にと奮闘中です。本日初めて使いましたので御礼までもうしあげます