和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

プロフィール

1940年 東京・葛飾区に生まれる。
銀行在職中に7年間 書を習う(35歳~)

以後師は持たず、どこにも所属することなく過ごしてきたが現在は葛飾区美術会会員及び葛飾新書会会員である。

佛画・書・刻字・篆刻と制作するが書以外は文字通り独学である。
佛画は墨主体、一部彩色もあり、金泥も使用する。
国宝級の佛像から路傍の石佛まで描く。

紙は愛知県西加茂郡小原町の楮を原料とする小原紙を使用しているが、この紙に出会ったことは幸いであった。

 刻字は北海道産の桂材が中心であるが、欅、イチョウ、いちい、桜なども使用する。